この記事では、二日酔いによる下痢の治し方をご紹介していきます!

 

お酒を飲みすぎてしまった翌朝、二日酔いの症状として下痢を引き起こすことがあります。

 

特に、二日酔いによって引き起こされる下痢は酷く、長時間に渡って続くこともあるのです。

 

なので、少しでも早く症状が楽になるよう治し方が気になっている方は多いのではないでしょうか?

 

そこで今回は、二日酔いによる下痢が起こる原因と、その治し方について解説していきます。

 

スポンサーリンク





 

二日酔いで下痢が起こる原因は?

二日酔い 下痢 治し方

原因1:脂肪が分解されにくい

お酒を飲むと、胆汁によってアルコールに含まれる脂肪が分解されます。

 

しかし、胆汁の分泌が悪い体質の人もおり、胆汁の分泌が悪い人の場合、分解しきれなかった脂肪が大腸内にとどまってしまい、水分が吸収されにくい環境になります。

 

すると、便が水溶性の下痢として体外に排出されるのです。

 

胆汁分泌が悪い体質は、瘦せ型の人に多いと言われます。

 

食べ物にある脂肪分は、胆汁によって消化され、脳や血管の栄養源となります。

 

しかし、瘦せ型の人は、必要な栄養素を上手く取り込めず、皮下脂肪がつきにくいと考えられます。

 

原因2:アルコールが腸を刺激

アルコールには、血行や気分を良くする、利尿作用がある、といった良い面があります。

 

しかし、カフェインと同様に、腸を刺激する働きがあるため、飲みすぎると身体に悪影響が出てきます。

 

水分やたんぱく質を取らないまま、お酒ばかり飲んでいると、腸が炎症を起こす可能性が高まります。

 

すると、食べ物が消化吸収されず、下痢の症状が起こります。

 

原因3:ストレスによる過剰飲酒

ストレスは、腸のぜんどう運動を引き起こし、下痢をしやすくする原因となります。

 

腸の動きが激しくなると、便を外に排出しようとする働きが強くなり、水分を十分に吸収する前に、水溶性の下痢となります。

 

ストレスはお酒によって発散することもできますが、くれぐれも飲みすぎには気を付けましょう。

 

このように、二日酔いによる下痢の原因には様々なものがありますが、そんな下痢を治すにはどうすればいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク





 

二日酔いの下痢の治し方は?

水分をたくさん取る

二日酔い 下痢 治し方

お酒を飲みすぎてしまったら、その倍の量の水分を摂取します。

 

なぜなら、アルコールには利尿採用があり、飲酒中にどんどん水分は失われるため、脱水状態となる危険性があるからです。

 

特に、下痢をしやすい人の場合は、冷えた水よりもお湯や暖かいお茶を飲むように心がけます。

 

もし、翌朝に下痢になってしまったら、重曹水を飲むと効果的です。

 

下痢は、胃酸の過剰分泌によって引き起こされ、さらに塩酸も出ることで、下痢や吐き気の症状が起こります。

 

身体が酸性化しているので、重曹によって酸性度を抑制します。

 

重曹水の作り方は簡単です。200mlの白湯に、小さじ1〜2杯の重曹を入れ、よくかき混ぜれば完成です。

 

下痢により、脱水症状が起こる可能性もあるので、水分や重曹水をこまめに摂取するようにしましょう。

 

胃をいたわる

二日酔い 下痢 治し方

二日酔いによって、胃のあれが心配されるため、胃にやさしい食べ物を摂取するように心がけます。

 

下記の3つはおすすめです。

 

一つは、お味噌汁です。

 

味噌は、肝機能を高めたり、アルコールが脂肪として体内に残るのを防ぐ効果があります。

 

また、しじみが入っていると、回復力がさらに高まります。

 

しじみは、オルチニンという成分を含み、アルコールの分解をサポートするからです。

 

カップのしじみ汁は、コンビニやスーパーで購入できるので、手軽な二日酔い解消ドリンクとして最適です。

 

二つ目に、梅干しです。

 

梅干しにはクエン酸が配合され、身体のだるさ・疲労を回復する働きがあります。

 

また、ピクリン酸という成分には、肝機能を良くする効果もあります。

 

うどんや雑炊といった、食べやすいものに入れると、食欲不振の時でも効率的に摂取できます。

 

最後に、はちみつです。

 

はちみつは、ブドウ糖によってエネルギー源となり、果糖は毒素の分解を促す作用があります。温かいドリンクに入れてのむのがおすすめです。

 

半身浴をする

二日酔い 下痢 治し方

半身浴をすると、汗や尿と一緒に、毒素を体外に排出することができます。ただし、吐き気や気分が悪い状態や飲酒直後に行うのは控えましょう。

 

半身浴の方法は、お風呂に38〜39℃のお湯を、お腹の半分のところまで入れ、その中で15分以上つかります。

 

すると、じんまりと全身から汗が出てくると良いでしょう。

 

身体の芯である部分を温めることで、体内の臓器の冷えを解消し、代謝を高めることができます。

 

同時に、水分補給も行いましょう。

 

まとめ

二日酔い 下痢 治し方

今回は、二日酔いによる下痢が起こる原因と、その治し方について解説しました。

 

下痢の症状になると食欲もなくなり、何も身動きが取れない状態になったりしますが、少しでも早く回復したいなら今回紹介した対処法を実践してみましょう。

 

それと同時に下痢になるまでお酒は飲まないように今後は気をつけましょうね!