この記事では、二日酔いによる下痢の原因と対処法についてお伝えしていきます!

 

ついついお酒を飲みすぎてしまい、翌日に二日酔いになった経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

 

そんな時、正しい対処法を知っていれば、素早い回復をすることができます。

 

特に、二日酔いにより引き起こる症状の中で下痢が最も厄介だったりするので、下痢の症状を緩和させる方法が気になる方も多いはず。

 

そこで今回は、二日酔いの中でも下痢の症状に焦点をあて、その原因と対処法についてご紹介していきます!

 

スポンサーリンク




二日酔いによる下痢の原因と対処法は?

二日酔いによる下痢が起こる原因は?

二日酔い 対処 下痢

出典:welq.jp

二日酔いが引き起こる一番の原因は、毒性の強い『アセトアルデヒド』が体内に残ってしまうためです。

 

アルコール摂取量が多いと、肝臓によるアルコール分解が遅れてしまい、分解時に発生する『アセトアルデヒド』を上手く処理できなくなります。

 

そのため、様々な二日酔いの症状が起きます。

 

また、二日酔いによる下痢は、アルコール摂取により消化器官の働きが低下することで引き起こされます。

 

お酒を飲むと、アルコールを分解するために必要な「胆汁」の生成が間に合わず、肝機能が低下します。

 

そのため、アルコール分解が追いつかず、二日酔いになり下痢の症状として表れます。

 

他に、アルコールが消化器官を通っていく際、胃粘膜を傷つけてしまうため、消化機能が低下するという原因も考えられます。

 

では、二日酔いを対処する方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

二日酔いの対処法は?

その1:お酒を飲む前にお腹に食べ物を入れておく

二日酔い 対処 下痢

アルコール吸収をやわらげるために、飲酒前はお腹に食べ物を入れておくようにします。

 

脂肪分が多いチーズやヨーグルトは、胃の中のアルコール吸収を抑え、急激に酔うのを予防します。

 

また、肝機能を高めるウコン飲料もおすすめです。

 

ウコンに含まれるクルクミンと呼ばれる成分が肝臓の解毒を促進するため、効率的にアルコール分解を行ってくれます。

 

その2:二日酔い対策用のドリンク剤を飲む

二日酔い 対処 下痢

五苓散(ごれいさん)

身体の水分代謝が非効率的になると、水分吸収度が下がり、その排出の仕方に問題が起こります。

 

胃腸の機能は弱まり、水分吸収ができなくなるので、下痢や吐き気をもよおしてしまいます。

 

そんな時、五苓散が便利です。

 

身体全体の機能を高めるばかりでなく、体内の余分な水分を体外へ排出してくれる働きがあります。

 

口から飲むだけでなく、下剤としても服用できるため、ダイレクトに直腸へ効果を与えることができます。

 

ヘパリーゼ

肝機能を回復させたい時に便利です。

 

豊富なアミノ酸や、肝臓の細胞再生能力を高める成分が含まれています。

 

お酒を飲む前、また飲んだ後に摂取すると効果的です。

 

他の効果として、肌のハリが良くなる、疲れが取れやすい、また寝起きが良くなる、といった改善も期待されます。

 

その3:お酒を飲み終わったら、水をたくさん飲む

二日酔い 対処 下痢

アルコールの利尿作用によって、体中の水分は失われてしまい、脱水状態になる可能性があります。

 

飲んだアルコール量の倍の水を摂取するのが理想ですが、お腹が苦しければ無理をする必要はありません。

 

飲み終わった後、お店を出る前にコップ2杯分を飲むように心がけましょう。

 

また、帰宅途中にミネラルウォーターやスポーツドリンクを購入しておきましょう。

 

寝る前にもほどほどの量を飲み、翌日の朝にも摂取すると効果的です。

 

スポンサーリンク




その4:タバコを吸いながらお酒を飲まない

二日酔い 対処 下痢

アルコール分解時に発生する毒性の強い『アセトアルデヒド』は、実はタバコにも含まれます。

 

お酒だけでも分解が間に合わない場合が多いのですが、そこにタバコのアセトアルデヒドが加われば、肝臓は手一杯になってしまいます。

 

また、タバコに含まれるニコチンにより血流の流れが悪くなることで、肝臓の分解効率が落ちてしまい、ますます肝機能の低下を招きます。

 

肝臓をアルコール分解に集中させるためにも、飲酒中にタバコを吸うのは控えましょう。

 

その5:ツボで二日酔いによる下痢を治す

二日酔い 対処 下痢

足三里(あしさんり)

昔から『足三里にお灸を据えれば、あと三里(約12km)歩ける』と言われるほど、足三里は効果的であるとされてきました。

 

腸や胃とつながるツボのため、下痢やお腹の張り、胃の不快感がある時に有効です。

 

場所は、ひざの外側にあり、お皿から指4本分下へ向かったくぼみ部分にあたります。

 

下痢点(げりてん)

腸の働きが悪い人は、この下痢点の部分が腫れているケースが多いです。

 

名前の通り、下痢に即効性のあるツボのため、下痢が続いてつらい時に役立ちます。

 

ツボの位置は、手の甲にあり、中指と薬指の骨が手の甲の中央部分で合流しているあたりとなります。

 

まとめ

二日酔い 対処 下痢

今回は、二日酔いの中でも下痢の症状に焦点をあて、その原因と対処法についてご紹介しました。

 

二日酔いの症状の中でも最も辛くて厄介な下痢。

 

そんな下痢を一刻も早く治すためにも今回紹介した対処法を実践してみてください。