この記事では、二日酔いの時の運動にランニングは効果的なのかについて詳しく調べてみました!

 

運動をすれば二日酔いの症状を楽にさせることが出来る、そんな噂を聞いたことはないでしょうか?

 

その中でも、ランニングという運動が効果的だという噂もありますが、果たして本当に二日酔い解消に役立つのでしょうか。

 

そこで今回は、二日酔いの時に運動が効果的かどうかの理由と、二日酔いの正しい対処法についてご紹介していきます。

 

二日酔いの原因とは?

 

二日酔いの原因として多いのは、アルコール分解時に肝臓で発生する『アセトアルデヒド』と呼ばれる物質です。

 

このアセトアルデヒドは、肝臓で分解される量が制限されており、分解が追いつかなくなると体内に残ります。

 

毒性が強いため、体内に留まることで様々な症状を引き起こします。

 

そのため、このアセトアルデヒドを体内から排出すれば二日酔いの症状が治るのではないかということで、運動をする人がいます。

 

しかし、本当に運動をすることが二日酔い解消に繋がるのでしょうか?

 

運動は二日酔い解消に効果があるのか?

二日酔い 運動 ランニング 効果

運動によって、汗をかくことでアルコールも一緒に流れる、と言われることもありますが、これは真実ではありません。

 

というのも、汗をかいてもアルコールやアセトアルデヒドは排出できないというのが事実だからです。

 

なので、水分が汗となって抜けると水分不足である肝臓に悪影響が出るばかりか脳も脱水状態となります。

 

このことから、二日酔いの時に運動をするのは、むしろ逆効果だということになります。

 

その中でも、ランニングなら比較的に簡単に出来る運動なので、二日酔いの時にチャレンジしようとする人がいますが、これは確実にNGです。

 

では、その理由について詳しく解説していきます!

 

二日酔いの時にランニングがNGな理由は?

二日酔い 運動 ランニング 効果

二日酔いの状態でランキングを行うと、体温の上昇を抑えるために、身体は汗を流して発熱を防ぎます。

 

肝臓は、この『汗を流す』ことを優先させるため、肝臓での水分供給は低下します。

 

ですので、アルコールやアセトアルデヒドの分解が遅れてしまい、二日酔いの状態が抜けない結果となります。

 

また、ランニングをすると脈拍が増えるので、頭痛の症状が悪化してしまいます。

 

運動は、二日酔いの解消には役立ちません。

 

そのため、次にご紹介する正しい対処法で二日酔いを治していきましょう。

 

二日酔いの正しい対処法は?

その1:水分をたくさん取る

二日酔い 運動 ランニング 効果

水分補給は、一番の二日酔い対策です。

 

脱水状態を素早く解消できるので、お酒を飲んだ直後や、翌日に起きたらすぐ摂取するように心がけましょう。

 

また、冷たい水を飲むと、胃や腸に負荷がかかるため、常温か温かいものを飲むのがポイント。

 

特に、スポーツドリンクは脱水による頭痛や吐き気だけではなく、低血糖によって起こる症状にも対処できるのでおすすめです。

 

その2:アセトアルデヒドを分解する食べ物を摂取する

二日酔い 運動 ランニング 効果

出典:http://ameblo.jp/shijimiya-kawamura/

二日酔いに効果のある食べ物の中でも、特にトマトがおすすめです。

 

トマトに含まれるリコピンには、アセトアルデヒドの働きを弱くする他に、解毒作用のあるグルタチオンや、利尿作用があるカリウムも配合されています。

 

昔から、二日酔いにはトマトが効くと言われてきたこともあり、飲みすぎた時には最適な食べ物です。

 

また、しじみも二日酔いに効果的です。

 

しじみに含まれるオルニチンは、アンモニアの解毒や、肝機能をサポートする作用があります。

 

さらに、アラニンやグルタミンといった成分は、アルコール代謝を良くする働きがあります。

 

良質なミネラル、豊富なアミノ酸も配合されているため、肝機能を全体的に高める効果が期待できます。

 

その3:短いシャワーを浴びる

二日酔い 運動 ランニング 効果

短いシャワーを浴びると、血行が促進され、体内にあるアルコール分解能力が活発化します。

 

すると、アセトアルデヒドの分解も速やかに行われるため、二日酔い対処法として最適です。

 

アルコールの過剰摂取は、心臓の働きを低下させます。

 

ですので、身体に酸素を送る、血行を良くする、新陳代謝を活発化させることが必要となります。

 

ただし、飲酒直後のシャワーは控えます。

 

すぐに浴びてしまうと、血圧が上昇し、脳卒中を引き起こす危険性もあります。

 

また、体内に残っているアルコールやアセトアルデヒドによって自律神経が刺激され、心臓に大きな負担もかかります。

 

必ず、お酒を飲んで時間を置いた後や、飲酒した翌日に飲むようにします。

 

湯船につかる、サウナに入る、といった行動も避けましょう。

 

その4:十分な睡眠を取る

二日酔い 運動 ランニング 効果

睡眠不足は、二日酔いの原因となります。アルコールを分解能力が低下するため、十分な睡眠を取り、休息しましょう。

 

身体を休ませている間に、体内ではアルコール分解がどんどん行われます。

 

睡眠中でも、肝臓は活発に動きます。そのため、飲酒直後に睡眠をたくさん取れば、アルコール分解も促進されます。

 

気分が悪く、眠れない場合は、身体を横にしておきます。それだけでも、二日酔いからの回復力は高まります。

 

まとめ

二日酔い 運動 ランニング 効果

今回は、二日酔いの時に運動が効果的かどうかの理由と、二日酔いの正しい対処法についてご紹介しました。

 

運動は健康のためには必要ですが、二日酔いには逆効果になるので、控えるようにしましょう。

 

そうではなく、正しい対処法で少しでも早く二日酔いの症状を楽にすることを優先してください。