この記事では、二日酔いになった時に運動するのは危険ではないのかについて解説していきます!

 

飲みすぎてしまった翌日、つらい二日酔いの症状に悩まされる人は少なくありません。

 

その中でも、運動によって二日酔いの症状を改善しようとする人がいます。

 

しかし、実は、運動は二日酔いの症状を解消せず、危険性のある行為なのです。

 

そこで今回は、二日酔いの時に運動がNGな理由や、その他のNGな行動、そして二日酔いの正しい対処法についてご紹介します。

 

二日酔いの原因とは?

二日酔い 運動 危険

二日酔いが発生する原因の一つは、脱水症状が考えられます。

 

というのも、お酒をたくさん飲むと、利尿作用のあるアルコールによって、体内から水分が失われます。

 

そして、脱水状態となり、二日酔いの症状として現れます。

 

また、アルコール分解時に発生する、毒性の強いアセトアルデヒドも挙げられます。

 

肝臓の機能が弱まり、アセトアルデヒドが無害な物質に分解されなければ、いつまでも体内に残る状態となります。

 

すると、血中濃度が高まり、吐き気や頭痛といった様々な症状が引き起こされるのです。

 

では、そんな二日酔いの症状がある状態で運動をするとどうなってしまうのでしょうか?

 

二日酔いの状態で運動をするのは危険?!

二日酔い 運動 危険

二日酔いの状態で運動を行うと、汗をかくことで体内の水分が失われ、脱水症状を引き起こす危険性があります。

 

ただでさえ、アルコールの利尿作用によって、身体は水分不足の状態です。

 

脱水状態を悪化させ、さらに脳への圧力も変化するため、二日酔いの回復を遅らせる原因となります。

 

飲酒直後の運動も避けるべし!

二日酔いの時と同じく、お酒を飲んだ直後の運動も控えましょう。

 

血液中のアルコール濃度が高い状態で運動を行うと、血行が促進され、アルコールが含まれた血液は筋肉に分散されます。

 

すると、血液がアルコールを分解する内臓に流れず、アルコールを代謝する速度が低下します。

 

結果、アルコールがいつまでも体内に留まり、二日酔いが長引く可能性が出てきます。

 

さらに、飲酒直後の運動により、血行が良くなることで酔いが回りやすくなります。

 

そのため、平衡感覚が失われてしまい、事故につながる場合も考えらえます。

 

お酒を飲んだ後の運動は避け、正しい対処法で二日酔いを解消しましょう。

 

ここまで、二日酔いになった時に運動はNGとお伝えしましたが、運動以外でも二日酔いに避けるべき行動をご紹介していきます!

 

二日酔いの時にNGな行動とは?

頭痛薬を飲む

二日酔い 運動 危険

アルコールが体内に残っている間は、頭痛薬の服用を避けましょう。

 

なぜなら、肝臓で物質を分解する能力には、限りがあるからです。

 

頭痛薬は、胃で溶けた後、小腸で吸収され、血液と一緒に肝臓へ送られます。

 

一部の薬が肝臓で分解され、残りは血液と共に身体全身に運ばれます。

 

この時、アルコールも肝臓で分解されているため、頭痛薬が入ってきてしまうと、分解が追いつきません。

 

すると、通常以上の頭痛薬の成分が身体に送られてしまいます。

 

また、逆に、頭痛薬の分解を優先し、アルコールが体内に残ってしまい、二日酔いが長引く可能性も考えられます。

 

『突然眠くなった』『急激に酔いやすい』といった症状は、このことが原因である場合もあります。

 

さらに、頭痛薬は胃粘膜を傷つけたり、肝臓を痛めるなどの副作用を多く持ちます。

 

これらの副作用は、アルコールを飲んだ状態だと、より一層強くなることを覚えておきましょう。

 

入浴をする

二日酔い 運動 危険

お酒を飲んだ後の入浴は大変危険です。

 

というのも、入浴をすると血の巡りが良くなり、血液にのって運ばれるアルコールが全身に行き渡ってしまうからです。

 

ますますアルコールが体内に残る状態となり、二日酔いの症状が悪化します。

 

入浴をすると、酔いが覚めると思われがちですが、逆効果なのでやめましょう。

 

では、これらを踏まえて二日酔いになった時はどんな対処法をすればいいのでしょうか?

 

二日酔いの正しい対処法とは?

水分をたくさん摂取する

二日酔い 運動 危険

アルコール分解には、大量の水分が必要となるため、意識をして水分補給を行います。

 

脱水症状が解消され、アルコール分解が早くなる効果が期待できます。

 

トマトを食べる

二日酔い 運動 危険

トマトに含まれるリコピンは、アセトアルデヒドの働きを抑制するのに有効です。

 

さらに、解毒作用のあるグルタチオンや、利尿作用を持つカリウムといった、二日酔いを解消する成分が豊富に含まれています。

 

お酒とトマトジュースを一緒に飲むことで、血中アルコール濃度が低下するだけではなく、アルコール代謝酵素の活性速度が上がる効果もあります。

 

予防策としても役立つので、お酒のお供にはトマトジュースを飲むようにすると良いでしょう。

 

まとめ

二日酔い 運動 危険

今回は、二日酔いの時に運動がNGな理由から正しい対処法までをご紹介しました。

 

二日酔いの状態は体のコンディションも良くないので、安静しているのが一番です。

 

ましてや、運動をしてしまうとアルコールが体全体に巡りやすくなって、余計に体調を悪化させてしまいます。

 

なので、二日酔いになった時は運動を避け、今回紹介した対処法を取るようにしましょう。